高脂血症の治療薬

高脂血症とは、脂質異常症とも呼びます。血液中の脂肪、特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態をさします。高脂血症は痛くもかゆくもなく、全く自覚症状がありません。一般的に高脂血症についての認識、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病に比べ、そんなに怖くない病気というイメージを持つ人が多いと報告されてきました。下記は高脂血症の合併症なので、ぜひご注意してくだい!

痛風を改善するためにはいろいろな食事注意事項もあります。尿酸は酸性の液体に溶けにくいという特徴があります。尿酸値が高い人は、尿の酸性度も高くなってしまう傾向があるので、アルカリ度の高い食べ物(野菜や海草など)を積極的に摂り、尿をアルカリ化させるよう心掛けましょう。尿酸が尿に溶けやすくなるだけでなく、尿路結石の予防にもつながります。例えばひじき、わかめ、昆布、大豆、ほうれん草、ごぼう、さつまいも、にんじん、バナナ、里芋、キャベツ、メロン、大根、かぶ、ナス、じゃがいも、グレープフルーツなどです。

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。医学研究が進み、良い薬も開発されたため正しい治療を受ければ全く健康な生活が送れます。しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。痛風が起きる前に血液の尿酸値が高い状態が長く続きます。これを高尿酸血症と言います。それを放置すると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは激烈で、耐えがたいほどの痛みです。