痛風の症状

痛風は、血液中の尿酸が高くなることで起きる病気です。名前の由来は名前の通り、「風が吹いても痛い」ことからきていると言われます。古くは「ぜいたく病」や「帝王病」とも呼ばれ、食生活の豊かな方がかかる病気と考えられていましたが、洋食や高カロリー食がめずらしくなくなった現代では、さほど特殊な病気ではありません。

痛風患者の約70%が足の親指にはじめての発作が起こります。そのほか、かかとやアキレス腱、ひざ間接などに痛みを訴える人もいます。ごくまれに手指やひじ、肩など上肢の関節に起こることもありますが、90%以上は下肢の間接に初発症状がみられます。

健康診断で痛風になる恐れがあると指摘されたけれど、自覚症状も初期症状もなく、健康そのものだから自分には関係ない、気にしなくても大丈夫と思っていませんか?

それは大きな間違いです。なぜなら、痛風予備群のほとんどの人に、自覚症状や初期症状はなく、見た目や体調は普通の健康な人と全く変わらないからです。

痛風発作の未経験者は、痛風の前兆を感じることなく突然発症することが多いのですが、痛風の経験者は、痛風発作になりそうという前兆を感じることがあるようです。

辛い痛風…その病態と症状まで詳しく解説します!

有名なのは、足の親指の付け根に突然激痛が起こり、真っ赤に腫れるという関節炎の症状でしょう。急性の症状としてはこれが最も多く、全体の7割を占めるといわれています。

これは、足の付け根の関節が

・心臓から遠い位置にあって血流が乏しいため冷えやすい
・運動量が多く酸性化しやすい

足の指の中でも特に親指の付け根の関節に発症することが多く、多くの方が最初はこの部位に痛みが出ています。

他には、足の甲、かかと、くるぶし、アキレス腱、膝など下半身に多く痛みが出ます。

痛風を発症すると関節が赤く腫れ、骨折をしたのではないかと思う程の激痛があると言われ、実際歩けなくなる方も多いと言います。

ある日突然発症するかのように感じますが、足の指やくるぶしが「ピリピリする」「ジーンとうずく」「痺れた感じがする」「だるさがある」といった前兆もあるようです。

痛風の症状として、重篤なものとしては合併症の慢性化や悪化により腎不全や脳卒中、心筋梗塞などになり、最悪、死に至る場合もありますから、放置は絶対にいけません。

痛風は自然に完治することはありません。他の多くの生活習慣病とおなじように、根気よく、時間をかけて症状を抑えていくしか方法がありません。

痛風の症状が出てからでは遅すぎるくらいで、日頃から、痛風の予防として尿酸を増やさない生活を心がける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です