痛風の治療に肝心なことは何でしようか?

痛風とは
痛風は、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患です。「痛風」という言葉のとおりに痛風の痛みが風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘・手や胸骨など全身の関節・骨端を移動し、尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返します。

痛風の治療について、主に痛風関節炎の治療と高尿酸血症の治療の2つの種類があります。消炎鎮痛剤を利用する痛風関節炎の治療と比べて、高尿酸血症の治療はもっと根本的な治療方法と認められています。では、高尿酸血症は一体何ですか?

高尿酸血症の概要
高尿酸血症は痛風に密接な関係がありますが、それで、高尿酸血症は一体どんな病気ですか?血液中の尿酸が正常の範囲を超えて多い状態を高尿酸血症といいます。高尿酸血症そのものは、なんの自覚症状もありませんが、放っておくと尿酸が関節や腎臓などで結晶のかたまりとなって痛風や腎障害を引き起こします。

高尿酸血症の原因
血清尿酸値を上げさせる原因は遺伝的要因と環境要因という二種類があります。
(1)遺伝的要因
大多数の痛風や高尿酸血症に遺伝子に関係があると言われていますが、大多数の痛風や高尿酸血症に関係する遺伝子は、頻度は高いが影響が弱い遺伝子です。これらの遺伝子には腎臓の尿細管に発現し、物質輸送に関係するものが多いです。
(2)環境要因
環境要因は主に食生活の問題、飲酒の問題、ストレスや、行動パターン、他の病気の影響、薬剤の影響等の原因があります。長期の調査によると、肉食、海産物は痛風を増やしますが、野菜と乳製品は痛風を減らすと考えられています。アルコール飲料を飲むと尿酸値は一時的に上がると報告されてきました。ストレスは尿酸値を上昇させるようです。運動もやり方次第では尿酸値を上げ、特に激しい運動は尿酸値を一時的に上昇させます。腎機能の低下、血液の病気、また悪性腫瘍は高尿酸血症になることもあります。また、サイアザイド系降圧利尿薬、ループ利尿薬、喘息の治療薬のテオフィリン、結核治療薬のピラジナマイド、少量のアスピリン、核酸成分を大量に含む健康食品なども尿酸値を高めることができますから、注意してください。

高尿酸血症の治療
高尿酸血症の治療と言えば、一般的に生活習慣を変えたり、また薬物を使用したりして体内の尿酸値を下げるようにすることです。