痛風が発作する場合どんな兆しがあり、対処法を知っていますか?

痛風発作とは
痛風発作とは、関節内に尿酸塩結晶が析出することである日に急に発症する急性関節炎です。痛風発作は尿酸塩結晶に関係がありますけど、尿酸の結晶がただ沈着しているだけでは痛風発作は起こりません。痛風発作は、心身に大きなストレスをともなう動作や運動、急激な尿酸値の変動などがきっかけとなって起こっています。痛風発作の症状として一番目立つのは激痛で、また患部が赤く腫れ上がることもあります。

痛風発作の前兆
痛風発作はある日突然襲ってくるものですが、発作する前に体に違和感が現れてくることもありますが、痛風発作を経験したことがない方はそれらの違和感を自覚できますけど、「まあ、いいや」と無視することが多いと認められています。経験がある人はその違和感を痛風発作の前兆とされています。具体的に言えば、前兆の感じ方や症状の現れ方には個人差があり、ピリピリ、ムズムズ、チクチク、ジンジンといった足の違和感を直前に感じる人もいれば、一日前に感じる人もいます。痛風が突然に生じる激痛でパニックにならないよう、痛風発作の前兆を見逃さず、痛風発作に備えることが大切です。

痛風発作の対処法
痛風が発作する場合、まずは激しい痛みを痛感することができます。その激痛の原因は、剥がれ落ちた結晶を白血球に異物とされて排除するために起きる炎症反応で、痛風発作そのものは1週間~10日程度で治まります。しかし、痛風発作の場合、緊急な対処法が行われることが不可欠です。

痛風発作の対処法について、おもに物理療法と薬物療法という二つがあります。物理療法なら、まず、患部を冷やすと同時に、静脈のうっ血を防ぐために、患部を心臓の位置より高くしてください。また、患部の腫れで思わず患部のマッサージをしてしまう人もいるようですが、逆効果になることができますから、患部を動かさずに関節を安静しているのが一番です。薬物療法について、すなわち痛み止めを服用することです。しかし、痛み止めは暫く痛みを抑えることができますけど、根本的に痛風を治すことはできませんから、早めに医師の診察を受け、症状を和らげる治療を受けたほうがいいと思われています。